トップへ » はじめての方へ » 当院が選ばれる10の理由 » 【マイクロスコープ】 綿密な手術で術後の経過も良好に

【マイクロスコープ】 綿密な手術で術後の経過も良好に

マイクロスコープインプラントのサイズは、直径約3~5ミリ、長さ8~12ミリ。小さな金属のカケラ程度しかありません。こんな小さなカケラを、あごの骨に慎重に埋めていくわけですから、手術には緻密な技が求められるわけです。

そこで当院のインプラント手術では、「マイクロスコープ」とよばれる高性能の顕微鏡を使用します。

この顕微鏡は最大で肉眼の約20倍で患部を確認することができるので、判別しにくい微少な患部でも簡単に処置ができるようになります(ちなみにマイクロスコープは形成外科や眼科、脳外科、神経血管外科の分野でも使用されています)

マイクロスコープたとえば、手術の際に開いた歯肉を針と糸を用いて縫うとき(縫合)、マイクロスコープを使えば今まで見えなかった傷口の細かい処置ができるようになります。その結果、感染のリスクが減り、術後の経過が良好になります。

マイクロスコープを使用したインプラント手術では、手術の成功率を飛躍的に向上させることができるのです。
 


トップへ » はじめての方へ » 当院が選ばれる10の理由 » 【マイクロスコープ】 綿密な手術で術後の経過も良好に


文字サイズ
を変更する