トップへ » はじめての方へ » 入れ歯・ブリッジとの違いとは? » 入れ歯との違いは?

入れ歯との違いは?

入れ歯との違いは?入れ歯(義歯)には、次のような利点があります。

○健康保険でも作ることができる
○短期間でできる
○他の歯をあまり削らないで作ることができる(ブリッジとの比較での利点)。

しかし、入れ歯の場合、支えとなる歯が入れ歯とともにゆすぶられてぐらついたり、入れ歯に接する歯が非常に虫歯になりやすいという傾向があります。
では、インプラントと入れ歯の違いを考えてみましょう。

インプラントは健康保険でできませんが、入れ歯は健康保険でもできます。
入れ歯の場合は、材料や作り方によっては健康保険の適応を受けることができます。

インプラントは隣の歯を削る必要がありませんが、入れ歯は隣の歯を削る場合が多いです。
部分入れ歯の場合はバネをかける都合上、歯をけずらなければいけないことが多いです。特に精密な入れ歯になるほど、削る量が増える傾向にあります。

インプラントの装着感は自分の歯とほぼ同じ食べやすさで食事を楽しめますが、入れ歯は噛む力も弱く食感も鈍くなります。
入れ歯との違いは?入れ歯になると自分の歯の20~30パーセントの力でしか咬み切れなくしまい、味覚や食感も鈍くなりますが、インプラントの場合は自分の歯とほぼ同じ力で咬むことができるので、食生活を変える必要はありませんし、食事が楽しくなります。

インプラントはきちんとお手入れをすれば骨や歯肉の減少を防げますが、入れ歯は防げません。
インプラントの場合、毎日のお口のお手入れをきちんとおこない定期的にメインテナンスを受けていけば、骨や歯肉が減るのを予防し、長くインプラントをお使いいただけます。

これに対して、入れ歯を入れているとじょじょに骨が減っていきます。ですから、何回も裏打ちをしたり、作り直しが必要です。この骨の減少は定期的に検診をして予防できないことが、インプラントとの大きな違いです。
 


トップへ » はじめての方へ » 入れ歯・ブリッジとの違いとは? » 入れ歯との違いは?


文字サイズ
を変更する